ダイナム、物流センター保管の遊技機をトラック輸送から鉄道輸送へ

ダイナム鉄道輸送ダイナムは3月29日から4月6日にかけて、 香川物流センターから山形物流センターまで、遊技台136台を鉄道コンテナで輸送したと発表した。
 
全国46都道府県で約18万台の遊技台を設置しているダイナムでは、社内の中古台や外部への販売台として約4万台の遊技台を全国2カ所の物流センターで保管。この物流センターは、社内二次利用を活用する各店舗において重要な役割を担っているが、ダイナムでは今後、これまで以上に遊技台流通が拡大していくことを見据えて従来のトラック輸送から鉄道輸送へ切り替えたと説明している。遊技台を鉄道コンテナ輸送にモーダルシフトすることによって、新店に設置する遊技台を正確に輸送することができ、なおかつトラック輸送に比べてCO2排出量が軽減されることからサステナブル社会の実現にも寄与できる、としている。今後、物流センター間の長距離大量輸送においては、
積極的に鉄道輸送を活用することで環境負荷の低減に務めていきたいとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連、九州地方の記録的豪雨でメーカー団体に配慮の要請

2020/7/7

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年7月号

主な記事:

附則改正で経過措置期間が延長 異例づくめのコロナ対応
長期化する休業要請で揺れた都遊協の苦悩と決断
上場メーカーの決算出揃うも業績見通し示せず
感染防止対策の徹底を要請、実効性は店舗間で温度差も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年6月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.