ダイナム、豊丸産業との共同開発機「CRAナナシーDXDS」を1000台導入

「CRAナナシーDXDS」遊技場経営大手の㈱ダイナムは、豊丸産業と共同開発した「CRAナナシーDXDS」を8月17日から経営332店舗に合計1,000台導入した。

新機種の大当たり確率は1/77・4(ヘソ通過時。クルーン、右ゲート通過時は1/55・6)。賞球は3&7&10&12&15。現在主流の液晶デジタル機と異なり、確変や時短機能はないが、大当たり中にも次の大当たり抽選をする一般電役のゲーム性を活かしたオリジナルスペックとなっている。

また、演出ではダイナムグループの公式キャラクター「モーリーズ」も登場する。ダイナムでは自店の膨大な遊技データを基に、ファン目線に立った遊技機の共同開発を一部メーカーと進めており、8月3日にはサンスリーと共同開発した「CRAGO-GO-マリンDS」を1,000台導入している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

日遊協とDMMで総合健康保険組合の設立へ

2018/9/18

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年9月号

2018-9
主な記事:

浸水被害は12店舗、水没したホールは未だ営業再開できず
西日本豪雨 ホールにも甚大な被害

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年8月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.