ダイナム、豊丸産業との共同開発機を2,000台導入へ

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%a0cr%e3%81%b2%e3%82%9a%e3%81%8b%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%81ds1ホール大手のダイナムは、豊丸産業と企画・共同開発した完全オリジナル機「CRAぴかパチ DS1」シリーズ2,000台を、8月7日から順次、全国で経営しているグループ店舗の導入すると発表した。

オリジナル機は大当たり出玉が多く、獲得した玉でゆっくりと遊技を楽しめる「CRAぴかパチ TDS」と、継続率が高く、スピーディな展開・短時間で楽しむ「CRAぴかパチ89R DS」の2機種。いずれも7セグ表示で、演出面やゲーム性においてシンプルで分かりやすく開発。大当たり確率1/89.9。大当たりの50%が15ラウンドに突入するなど、時間あたりの投資金額を抑え、出玉による継続遊技が楽しめる仕様となっている。

©TOYOMARU

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

10月のホール企業採用熱、過去5年の同月比で一番高い数値に

2019/11/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年11月号

主な記事:

厳しいタイミングで6号機の実力が試される展開に
秋枯れ時期と重なる注目機の導入 6号機への本格移行に試練

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.