ダイナムグループが熊本地震で4885万円の義援金

IMG_4083ダイナムは「平成28年熊本地震」の被災者支援として熊本県ならびに熊本県内の6市町村へ合計4885万円の義援金を贈った。
 
義援活動は今年4月21日〜6月10日までに全国のダイナムグループ店舗で行われ、来店客からの協力とグループ従業員からの受付金に加えてダイナムからの義援金が拠出された。8月3日、ダイナム熊本ゾーンの千葉拓ゾーンマネージャーが熊本県庁を訪れ、小野秦輔副知事に義援金の目録を贈呈。小野副知事より「ダイナム様自身も店舗の被害があったなかで多額の義援金を頂戴いたしまして誠にありがとうございました。義援金をしっかりと活かしながら復興に向けて一歩一歩前に向かって頑張っていきます」とお礼が述べられた。
 
なお、義援金の内訳はダイナムにおける来店客が放棄した玉・メダル相当額で2,203万9,597円、同来店客からの現金受付で161万2,405円、グループ従業員からの現金受付で104万8,881円、キャビンプラザにおける来店客からの現金受付とキャビンプラザの拠出額の合計50万円、ダイナム拠出額が2,365万2,002円となっている。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年6月号

主な記事:

新規則機への移行に向けた「最後の猶予措置」
旧規則機取扱いの21世紀会決議を改定 厳しい市場環境受け設置期限を延長

「遊技通信」1500号記念 通刊第15号(昭和27年2月25日号)再録

日本有数のビジネス街と観光地「新橋」「銀座・有楽町」「浅草」の変遷

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
オーイズミ 大泉政治代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.