ダイナムジャパンHDが夢コーポレーションを完全子会社化へ

遊技場経営大手の㈱ダイナムジャパンホールディングス(以下DYJH)は8月25日に開催した取締役会において、愛知県豊橋市の大手ホール企業・夢コーポレーション㈱を完全子会社とする株式交換基本合意書の締結を決議し、同日、両社の間で基本合意書を締結したと発表した。9月24日に11月1日を効力発生日とする株式交換契約が締結される。
 
株式交換はDYJHを完全親会社に、夢コーポレーションを完全子会社とする方法で、夢コーポレーションの全株式をDYJHが取得し、夢コーポレーションの株主にはDYJHの株式が割当交付される。株式交換に係る割当ては、夢コーポレーション株式1株に対して、DYJH株式3・466株。交付する株式はすべて新たに普通株式が発行される予定。
 
DYJHは、その子会社である㈱ダイナム(390店舗)および㈱キャビンプラザ(9店舗)の経営で全国に399店舗のパチンコ店を展開。店舗数では業界1位、貸玉収入においては第2位を誇る。一方の夢コーポレーションは、「夢屋」を中心に全国に39店舗のホールを経営。店舗数では業界20位、貸玉収入で50位を誇る。いずれもチェーンストア理論を導入し、消費者主体のサービスを提供している。
 
今回の基本合意書締結についてDYJHでは、「これまで培った店舗オペレーション、遊技台管理、情報システムを含む事業インフラの共有などを通じて両社の経営資源を最大限に活用し、店舗数増加による業界シェア拡大を図ることが両社の企業価値の更なる向上に繋がると判断した」とし、グループの経営店舗数が438店舗となったことで、これまで以上にマスのメリットを享受したチェーンストア経営によって、顧客満足度の高いサービスを展開していく、とコメントしている。

 

【ダイナムジャパンホールディングスHPの関連リンク】
「IR情報(夢コーポレーション株式会社の全発行済み株式の取得に関する要開示取引と包括的授権に基づく本件新株発行のお知らせ)」

「株式会社ダイナムジャパンホールディングスと夢コーポレーション株式会社、両社間における株式交換に関する基本合意書の締結について」

「臨時報告書」

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

ホール企業の9割超が増収果たせず 帝国データバンク調べ

2018/12/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.