ダイナムジャパンHD決算、減収減益に

ダイナムジャパンホールディングスは5月29日、2015年3月期の決算をマスコミ各社にリリースした。
 
上場規則に則り国際財務報告基準(IFRS)を採用している同社では、従来式のホール決算において一般的だった貸玉収入全体を売上と捉えるグロス方式ではなく、貸玉料から景品出庫額を引いた差額を営業収入として計上するネット方式を採用している。
 
発表によると当期の貸玉収入は前年比10.4%減となる8,260億7,200万円、営業収入は同6.8%減の1,545億5,600万円、税引前当期利益は同43.6%減の195億1,800万円、当期利益は同47.0%減の112億5,900万円となっている。
 
今回の業績について同社では、消費税増税後、個人消費マインドが低下するなか、新規出店の低貸玉店舗では前年を上回る営業収入を計上したものの、店舗年数の古い高貸玉店舗においては、業界全体の傾向と同様に遊技台稼動の低下による営業収入の減少が顕著になったと報告した。
 
今期同社では、中長期的に安定成長を図るため、1月より店舗改装による設備の一新など、高貸玉店舗40店舗において大幅なリニューアルを実施。顧客のニーズにあわせたさまざまな施策や積極的な投資を行うことで、台あたり稼動を前期同様の水準まで回復させたとしている
 
なお、2015年3月期は19店舗を新規出店し、3月末時点で経営傘下ホールは393店舗となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲11

11月の採用意欲、例年よりも低い水準で推移

2018/12/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.