ダイナム経営全店で家族申告プログラム導入

ダイナム家族申告Pホール経営大手のダイナムは、 10月31日をもって「家族申告プログラム」を経営ホール全406店舗に導入したと発表した。
 
これにより、昨年7月から全店で運用している「自己申告プログラム」に加えて、今後は本人の家族からの申込みでも、入店を制限することが可能になった。ダイナムでは店舗での遊技が確認された際には店舗スタッフが声掛けするという。
 
依存問題への取り組み強化を図ったことについて、同社では「今後もこの問題に真摯に向き合い、 自主的かつ積極的に さまざまな取り組みを行っていきたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

全日遊連 高射幸性パチスロの設置比率規制の再検討へ

2018/11/1

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年11月号

2018-11
主な記事:

必要となる高射幸性機の取捨選択、画一化がさらに進行か
高射幸性機の15%期限迫るなか6号機の市場導入がスタート

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年10月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.