%e3%83%8b%e3%83%a9%e3%82%af%e3%81%ae%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a福島県を中心に54店舗のホールを経営するニラクは、 11月17日に郡山市で開催される「ビッグツリーページェント・フェスタIN KORIYAMA」のイルミネーション点灯式に向け、「みんなで郡山に灯をともそう。楽しくなる木イルミネーション」というワークショップを行った。

郡山市の夜を彩るビッグツリーページェント・フェスタを盛り上げるために実施された今回のワークショップには、地域の障がい者施設の入居者や子どもたちをはじめ、プロバスケットの友利選手、猪狩選手(福島ファイヤーボンズ所属)、FSGカレッジリーグの学生、 ニラク従業員など約120名が参加。点灯用ライトのアクリル素材用紙に一人ひとりが「楽しくなるとき」をテーマに絵や文字を描いた。

ここで描かれたアクリル用紙は、11月17日から2月14日までの間、JR郡山西口駅前でLEDライトによって灯される。なお、今回のワークショップは、福島県内の12店舗でも行われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

機構検査に備え「検定通知書」「認定通知書」の写しの常備を求める

2020/9/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年10月号

主な記事:

緊急事態宣言解除後、回復傾向だった稼動も頭打ちか
第2波が直撃 厳しさ目立った盆商戦

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.