目論見書を手にフォトセッションに臨む同社役員。中央が谷口社長

目論見書を手にフォトセッションに臨む同社役員。中央が谷口社長

香港証券取引所メインボードに4月8日付けで株式上場したホール企業ニラクの持株会社ニラク・ジー・シー・ホールディングスは4月16日、都内で会見を行い、上場によって市場から調達した約53億円(1香港ドル15円で換算)の90%を、2016〜2017年に福島県内で計画している5店舗の新規出店費用に充てることを明らかにした。

今回の上場で発行された株式は3億株。10%を一般投資家、90%を機関投資家に振り分ける。配当は30%を見込んでいるという。また調達資金の残り8%はITシステムの整備、2%は運転資金に費やす。

会見で谷口久徳代表執行役社長は「福島県内で最大のチェーン企業である利点を活かし、得意にしている郊外型の店舗を増やしていく。それと同時に内部留保の蓄積も進めていきたい」と述べ、今後の出店指向を示しながら、財務基盤を整えていく方針を示した。

ニラクは、福島県を中心に、東北や関東で55店舗(4月17日時点)を展開。平成26年3月期の売上高は2,353億8,776万円、経常利益は66億6,927万円を計上。昨年4月には、純粋持株会社ニラク・ジー・シー・ホールディングスを設立し、ニラクがその100%子会社となる株式交換を実施している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.