ニラクが香港証券取引所へ上場申請

福島県のホール企業・ニラクが昨年12月29日に香港証券取引所に対して上場申請を行ったとマカオの月刊英字経済誌「マカオビジネス」が12月31日の電子版で報じた。香港証券取引所にはダイナムジャパンホールディングスが2012年8月に国内のパチンコ業者として初めて上場を果たしており、ニラクの上場が実現すればホール企業として2社目となる。

報道によると上場によって調達する資金は1-2億米ドル(日本円換算で約120-240億円)で、2年以内に国内5カ所での新店オープンとITシステムへの投資に充てられるという。既に香港証券取引所へ上場を果たしているダイナムジャパンホールディングスは、マカオのカジノ関連企業と業務提携を締結したことで注目を浴びたが、今回の上場計画では、日本国内の新店開発のための資金調達が主目的となっており、海外カジノや日本のIR(統合型リゾート)と直接的に関連した動きではないもの、としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

警察庁外観

遊技場数が大幅減 業容縮小に拍車

2019/3/8

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年3月号

2019-3
主な記事:

ホールの人手不足を加速させる採用難と離職増のダブルショック

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年2月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.