ニラクがeスポーツ事業参入で記者説明会

ニラク新規事業説明会福島県を中心に店舗展開するニラク・ジー・シー・ホールディングスの100%子会社であるNGCH Hong Kong Limitedが、このほど香港に新たな合弁事業会社を設立し、eスポーツ事業に参入すると発表した。
 
NGCHHKはファンドマネジャーのティモシー・シェン氏がCEOを務めるCapital Creation(BVI)Limitedと合弁事業会社「Yes! E-Sports Asia Holdings Limited」(YEAH)を香港に設立し、アジアを中心としたeスポーツ事業に参入。香港、マカオを含む中国、台湾、日本、韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナムなどで事業展開していくという。
 
12月20日に開催された記者説明会では、ニラク・ジー・シー・ホールディングス執行役専務の大石明德氏とティモシー・シェン氏が出席。eスポーツの紹介や今後の事業内容について説明を行った。シェン氏は、「YEAHはアジア地域を中心とするeスポーツ市場の世界的な急成長の波に乗り、独自の『eスポーツ+エンターテイメント』を融合させたプラットフォームの開発を目指していく」と述べたほか、アジア全域にわたるeスポーツの普及を図っていく考えを語った。また、YEAHの取締役を務める大石氏は、「日本でもeスポーツの人気は高まっているが、国内市場にはYEAHのような事業者はいない。日本のデファクトスタンダードになることができると考えている」と語った。
 
YEAHでは、2019年にアジア地域のeスポーツリーダー開発構想として「YEAHアジアリーグ」を始動し、アジア各地におけるeスポーツトーナメント戦の開催をはじめ、有望なプレーヤーの発掘やアジアで活躍できるプロゲーマーの育成なども行っていくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

業界8団体が「沖ドキ!」撤去を強く要請

2021/1/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年4月号

主な記事:

人手不足の解消気配でホール企業間で格差拡大か
新型コロナ禍が影響を与えるホールの働き方改革への取組み姿勢

高円寺・吉祥寺・武蔵境・立川・八王子
都心と多摩地区をつなぐ大動脈 中央線沿線ホールの変遷

幕張メッセで「販促EXPO」アフターコロナを見据えた提案も

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
アミュゼクスアライアンス 田守順代表

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年3月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.