ニラクの上場計画、海外メディアが報じる

10月8日、複数の海外メディアが、福島県郡山市に本社を置くパチンコ店経営の㈱ニラク(本社郡山市・代表取締役社長・谷口久徳)が、2015年前半にも香港市場で株式を上場する計画があるなどと報じた。事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたという。
 
報道によると、現在、引受幹事を選定中とのことで、香港証券取引所に対する上場申請はまだしていないとのことだが、公開されれば新規株式公開(IPO)による資金調達規模は、1億米ドル(約108億円)になる可能性があるとのこと。
 
同社は昭和25年に創業。資本金2億5700万円。従業員数は1356名。福島を中心に1都9県で54店舗のホールを経営しており、平成26年3月期の売上高は2353億8776万円、経常利益は66億6927万円を計上している。
 
ホール企業の海外上場というと、2012年8月に香港証券取引所において、業界売上規模第二位のダイナムジャパンホールディングス(DYJH:06889/HK)がホール企業で初めて海外上場を果たしているが、ニラクが公開すれば、それに続く2社目となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日会見03WEB

全日遊連阿部理事長、ATM撤去の難しさ説明

2019/3/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年3月号

2019-3
主な記事:

ホールの人手不足を加速させる採用難と離職増のダブルショック

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年2月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.