ネクサスがフェンシング、アジア大会の結果報告

フェンシング結果報告群馬県のホール企業・ネクサスは9月19日、群馬県高崎市の本社で、「フェンシングアジア大会2018ジャカルタ」の結果報告会を行った。
 
8月13日から9月2日まで、インドネシアのジャカルタとバレンパンで開催されたアジア大会で日本のフェンシングは金メダル2個を含む複数のメダルを獲得。代表選手の見延和靖選手と青木千佳選手の2名はネクサスに所属している。報告会では、ネクサスの星野敏代表がアジア大会で活躍した選手団を讃えながら「2020年の東京オリンピックでは役員・選手が一丸となって、金メダルを獲得して日本中を元気にしてください」と激励。日本フェンシング協会の太田雄貴会長は「東京オリンピックに向けて、これからも皆様への感謝を忘れることなく、頑張っていきたい」と力強く意気込みを語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.