SONAR AMUSEMENT店内アジア・アミューズメント開発㈱(略称・AAD)が発表していたフィリピン版パチンコ店「SONAR AMUSEMENT」が12月12日、正式にオープンした。場所は首都・マニラから約120キロ北上した人口およそ30万人のタルラック市。店内にはパチンコ、パチスロ、ビンゴの3種類のゲームソフトが搭載された専用マシン142台が設置されている。

当日の営業は午後5時から午後9時までの4時間。事前に遊技に必要なICカード400枚を無料で配布したこともあって、店内は終始来店客で溢れた。当日現地でオープンを迎えたAADの山崎竜社長は「将来に繋がる大変良いオープンでした」とコメント。また、現地からの報告を受けた同社・田守順会長は「反応は上々。非常に熱気のあるオープンを迎えることができた」と報告。「現在のところ新しい遊技モデルということで、競合店が存在しないブルーオーシャン状態になっており、新たなビジネスチャンスに繋げていけると思っている」と今後の展開に自信をみせている。

「パチンコ店オペレーション文化の輸出」をコンセプトにした同店の遊技方法は、ポイントが内蔵されたICカードを購入し、遊技終了後にポイントの残高と獲得ポイントに応じて景品交換される仕組み。景品コーナーには食料品や日用雑貨など多くの景品が取り揃えられている。

SONAR AMUSEMENT景品コーナー

SONAR AMUSEMENT外観

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【日遊協令和2年度総会における警察庁保安課長講話】

2020/6/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年7月号

主な記事:

附則改正で経過措置期間が延長 異例づくめのコロナ対応
長期化する休業要請で揺れた都遊協の苦悩と決断
上場メーカーの決算出揃うも業績見通し示せず
感染防止対策の徹底を要請、実効性は店舗間で温度差も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年6月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.