SONAR AMUSEMENT店内アジア・アミューズメント開発㈱(略称・AAD)が発表していたフィリピン版パチンコ店「SONAR AMUSEMENT」が12月12日、正式にオープンした。場所は首都・マニラから約120キロ北上した人口およそ30万人のタルラック市。店内にはパチンコ、パチスロ、ビンゴの3種類のゲームソフトが搭載された専用マシン142台が設置されている。

当日の営業は午後5時から午後9時までの4時間。事前に遊技に必要なICカード400枚を無料で配布したこともあって、店内は終始来店客で溢れた。当日現地でオープンを迎えたAADの山崎竜社長は「将来に繋がる大変良いオープンでした」とコメント。また、現地からの報告を受けた同社・田守順会長は「反応は上々。非常に熱気のあるオープンを迎えることができた」と報告。「現在のところ新しい遊技モデルということで、競合店が存在しないブルーオーシャン状態になっており、新たなビジネスチャンスに繋げていけると思っている」と今後の展開に自信をみせている。

「パチンコ店オペレーション文化の輸出」をコンセプトにした同店の遊技方法は、ポイントが内蔵されたICカードを購入し、遊技終了後にポイントの残高と獲得ポイントに応じて景品交換される仕組み。景品コーナーには食料品や日用雑貨など多くの景品が取り揃えられている。

SONAR AMUSEMENT景品コーナー

SONAR AMUSEMENT外観

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年12月号

主な記事:

飲食店の時給が一気に高騰 ホールに求められる「新たな求人スタイル」
過熱する外食産業とのアルバイト争奪戦 緊急事態宣言解除でまたも人手不足へ

エリアレポート
歯止めが掛からない「都内駅前立地」の店舗減少

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑫ 徳島文理大学 鍛冶博之氏

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ②
「白書で確認できる機種分析の方法」」

焼肉業界の成長企業 ビッグアームが遊技場経営企業への提案を本格始動

パチンコ業界の「火災保険」に強い外資系保険会社への切り替えを提案

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.