プローバが大学の研究機関と介護予防の共同研究契約を締結

プローバの施設画像遊技場経営を軸に、介護施設のリハビリサポートに関する事業を展開するプローバホールディングス(平本直樹社長)は、広島大学と県立広島大学と共同で介護予防に関する研究を行う契約を締結したと発表した。契約締結は4月24日で、期間は1年間の予定。
 
今回の研究では、介護施設を利用する高齢者にブラックジャックやルーレット、リズムに合わせて遊ぶゲーム機などを利用してもらい、眼球運動や睡眠状態などを測定。導入前後や遊んでいない状態との比較を通して、こうした遊びが健康状態の維持や改善に効果があるかを医学的な見地から検証する。同社では、今回の研究結果をもとに、アミューズメント機器を活用した介護予防や介護従事者向けの教育プログラムの作成も視野に入れている。
 
プローバホールディングスのAC(アミューズメントカジノ)事業部は、介護施設のリハビリにパチンコやパチスロ、対人ゲームを取り入れることで脳の活性化を促すリハビリテーション事業を展開。2012年に広島市内の施設でテスト導入されたのを皮切りに、本格的な事業化を進めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:円 (本体:円)
発売日:

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.