プローバ障がい者フェスティバル2017広島県を中心にパチンコホールやゲームセンターなどアミューズメント施設を展開するプローバグループ(平本直樹社長)は12月4日、全日本アミューズメント施設営業者協会連合会の広島支部と共催でプローバが運営する広島市安佐南区の大型複合施設「フィエラ ディ プローバ」で、「障がい者ふれあいフェスティバル2017」を開催した。

障害をもっている人が普段あまり触れることのないパチンコやゲームなどを通じて、健常者と障害者の交流を図ることを目的に平成8年から毎年開催しているもので、当日は県内の共同作業所から引率者を含む98名が来場。同社の社内NPO法人「フォルツァ プローバ」のメンバーが中心となって、場内の誘導や遊び方の説明などを行い、運営をサポートした。参加者は、施設内のパチンコやカラオケ、ボウリング、ゲームなどを体験したほか、マスコットキャラクター「ピノッキー&ピノーラ」のショーや車いす寄贈、お土産の目録贈呈なども行われた。

プローバグループでは、「地域貢献の一環として今後もこの会を継続し、楽しく元気に、また活力を感じていただけるようなイベントを目指して取り組んでいきたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年10月号

主な記事:

依存問題で都遊協が研究助成する早野論文は「Scientific Reports」に掲載
基本法に基づく初の実態調査が公表 業界に求められる調査結果の検証姿勢

早野慎吾教授に聞く「ギャンブル等依存調査」の課題と方向性

ダイコク電機がWeb展示会&セミナー
トレンドを見極めた効率的な投資が必要

「みんなのパチフェス」生配信 視聴回数は124万回超に

MIRAIが「広告宣伝ルールの在り方」で公開経営勉強会

空きスペースが利益を生み出すホール駐車場の有効活用

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑨ 全日遊連理事長 阿部恭久氏
遊技通信創刊70周年記念対談 ⑩ 日遊協会長 西村拓郎氏

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.