プローバグループが社員大会で4期連続増益を報告

広島県内を中心にパチンコホール、ゲームセンター、飲食・アミューズメント施設などを展開するプローバグループは11月12日、広島市のセンチュリー21ホテルにおいて「第18回プローバグループ社員決起大会」を開催。グループ全部門の従業員ら165名が参加した。

当日行われた決算報告では、平成26年8月期のグループ売上高が476億1,600万円となり前年比90.3%の減収になったものの、経常利益は販管費などを大幅に抑制したことで同117.9%の18億8,600万円となり、4期連続の増益となったことが報告された。パチンコ部門単体では、増税による消費の低迷や競合ホールの出店などが影響し、売上高は前年比89.5%の452億9,600万円に留まったが、経常利益は機械代の圧縮や各台計数システムの積極導入による人件費抑制などの効果で同123.9%の15億2,700万円となった。

式典では、恒例の永年勤続表彰や個人表彰、来期入社内定者の紹介に加えて、今期に賭ける意気込みを漢字一文字に込めた「渾身の一文字」を各事業部がプレゼンしたほか、新規事業として新たに保険代理店事業に参入したことも発表。さらにパチンコ、ゲームに続く事業として展開している人財開発事業とアミューズメントカジノ、介護福祉支援事業についても、契約件数を確実に増やしている状況であることが報告された。

式典終了後には、社員相互の親睦とコミュニケーションを図るためのレクリエーションなどを盛り込んだ盛大な懇親会も催された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.