プローバグループ恒例のフットサル大会に718名が参加

プローバグループ(平本直樹社長)は、11月2日と3日の2日間、広島市西区のミズノフットサルプラザ広島で「第20回プローバカップ フットサル大会2014」を開催した。

今回は「誰もが気軽に楽しく参加出来る」をコンセプトに新たな募集枠を新設。さらにフットサルの試合だけでなく家族で楽しめる様々なイベントも実施したことで、昨年を上回る計96チーム、718名が参加した。

当日は、毎年恒例となっている地元Jリーグチーム「サンフレッチェ広島」の選手による決勝戦前の激励セレモニーや試合解説をはじめ、広島市をホームタウンとする女子サッカーチーム「アンジュヴィオレ広島」によるエキシビジョンマッチを開催。また会場となったミズノフットサルプラザとアンジュヴィオレ広島の協力の元で、ジュニア選手向けのフットサル教室を実施したほか、場内にはバンジートランポリンやフォレストアドベンチャーなど児童向けの遊具も設置された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【日遊協令和2年度総会における警察庁保安課長講話】

2020/6/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年7月号

主な記事:

附則改正で経過措置期間が延長 異例づくめのコロナ対応
長期化する休業要請で揺れた都遊協の苦悩と決断
上場メーカーの決算出揃うも業績見通し示せず
感染防止対策の徹底を要請、実効性は店舗間で温度差も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年6月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.