プローバ社員大会 決算報告や優秀店舗表彰など行う

%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%8f%e3%82%99%e7%a4%be%e5%93%a1%e5%a4%a7%e4%bc%9a広島を中心に島根、山口においてパチンコホール23店舗を運営するほか、介護福祉支援、人材開発、ゲーム、保険代理店、無農薬野菜の生産・販売など幅広い事業を手掛けるプローバグループが11月24日、広島市内のホテルセンチュリー21において社員決起大会を開催した。
 
式典で報告されたグループの平成28年9月1日〜平成29年8月31日までの決算は、パチンコ事業の売上高が対前期比95.1%の409億7700万円、営業利益が同151.5%の9億1700万円で、減収増益となった。また、店舗キャッシュフローや売上計画比など4項目で競われる年間最優秀店舗には、パチンコ部門が広島市の「ジョイ黒瀬店」、アミューズメント・飲食部門では呉市の「ピノッキースパティオ呉店」が選ばれた。
 
式典の冒頭に挨拶を行なったプローバホールディングスの平本直樹代表取締役社長は「プローバグループはここ数年、かなりのスピードで変化している。この変化についていくんだ、という思いを持って欲しい」とするなど、集まった社員に対して、事業の多角化に伴う社内体制再編や、M&Aにおける店舗拡大といった成長戦略への対応を求めた。
 
式典ではこのほか、永年勤続者52名に対する表彰式や、同じ趣味をもつ社員同士がチームとなってクイズに挑戦する催しなどが行われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

SIS2018発表会

ダイコク電機「DK-SIS白書2018」 業界総粗利は3兆円割れ

2018/7/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年7月号

2018-7
主な記事:

有識者、関係者間での異なるスタンス 業界の方向性にも影響
「関係者会議」盛り込み依存症対策法が衆院通過

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.