マルハン、売上高が7期ぶりの2兆円割れ

遊技場経営最大手のマルハンは5月29日、平成27年3月期の連結決算を自社HP上で発表した。
 
それによると、グループの売上高は前年同期比6.3%減となる1兆9782億2,200万円、営業利益は同6.2%増の615億400万円、経常利益は同5.3%増の637億9,800万円、当期純利益は同7.3%減の300億1,500万円となった。同社の売上高は平成21年3月期にホール企業として初めて2兆円を突破したが、今回は7期ぶりに2兆円を割り込む結果となった。
 
今期の業績について同社では、市場全体が縮小傾向にあるなかで稼動低下の影響を避けられなかったとしながらも、利益面においては、機械入替費や広告宣伝費における費用対効果の最大化を実施。無駄な経費を削減することによって、変化の大きい市場のなかで柔軟に対応できる事業基盤を強化してきたとした。その結果、地域一番店比率を上昇させ、業界内における競争力を維持。経常利益は過去最高額を達成した。
 
平成28年3月期の業績予想では、売上高2兆375億円、営業利益536億円、経常利益553億円、当期純利益287億円を見込んでいる。

マルハンHP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

21世紀会決議の違反行為に中古確認証紙の発給留保と通報・確認システム

2020/10/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.