マルハン「働き方改革」のトライアルチームが中間報告

マルハンは11月13日と20日、東京と大阪で働き方改革トライアルチームによる活動状況の中間報告を行った。この取り組みは「働き方改革」をテーマに社内で立ち上げたトライアルチームが、ワーク・ライフ・シナジー実現に向けて、職場環境の向上および、従業員一人ひとりの成長を促すことを目的に実施しているもので、昨年に引き続き2回目。

中間報告では、業務の課題に対する様々な見直しや課題を洗い出しながら、各種施策の情報共有を図ったことが報告されたほか、従業員の出退勤時間が異なることで生じるコミュニケーション不足や、報告・連絡・相談漏れなどが挙げられた。また、個人が抱える業務量の差によって、残業時間に格差が生じるケースなどが課題として挙がり、それらに対する対応や施策などが具体的に示されるなどした。経営22店舗で構成されるトライアルチームは、来年3月の最終報告会において、9ヶ月間の活動報告を行う予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

21世紀会決議の違反行為に中古確認証紙の発給留保と通報・確認システム

2020/10/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.