マルハンが「大阪 韓流PROJECT」の計画変更を発表

マルハンは5月8日、大阪市浪速区の旧フェスティバルゲート跡地に韓流テーマパークを開業する「マルハン大阪
韓流PROJECT」の計画を変更することを明らかにした。変更理由について同社では、「日韓両国の文化的な架け橋になりたいと考え『マルハン大阪 韓流PROJECT』を立ち上げた。しかし、日韓関係の冷え込みによる韓流ブームの低迷を受けて安定的な施設運営が難しいと判断し、計画を変更することとした」としており、計画変更後は地元に支持される施設を早期に開業したいとしている。

当初の計画では、1階に韓国スーパーマーケット・コンビニエンスストア等、2階に飲食店・物販店・カルチャーセンター等、3階に多目的ホール・屋上庭園等、4階に商業施設運営事務所等といった施設構成だった。今回の計画変更でこれを、1階にパチンコ店等、2階に量販店・飲食店にするという。施設名称は現時点で未定だが、これを変える予定はないという。

マルハンでは今回の再開発計画の見直しについて、「報道されております「フェスティバルゲート」跡地の再開発計画につき、現在までに大阪市交通局様にご提示している修正計画案につき別紙にてご説明させていただきます。今件につき、報道関係の皆様をはじめ、大阪市、地域住民の方々をお騒がせし、大変なご迷惑をおかけしており誠に申し訳ございません。現在、一部報道におきまして、寄付金や協議会への出資について報道がなされておりますが、大阪市交通局様と新たな契約締結に向け交渉中でございますので、現段階で弊社からのコメントは差し控えさせていただきたく存じます」としている。

同社では昨年7月9日、旧「フェスティバルゲート」跡地に韓流テーマパークをコンセプトとする商業施設を開業する計画を発表していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年9月号

主な記事:

規則改正と新型コロナ禍で年度末撤退は「5号機ショック」水準に
残存者利益狙う寡占化の進行  遊技場数半減も底打ち感は窺えず

2020年東京オリンピックがホール営業に与えた影響と
57年前のオリンピックの都内点描

ダイコク電機が「DK-SIS白書2021年版」を発表
市場規模は過去に例をみない下落幅に

エリアレポート
再編、淘汰で店舗数が激減 東京に隣接する川口・蕨の変貌

遊技通信創刊70周年記念対談 ? 岩下兄弟特別相談役 岩下博明氏

ニューギングループ「花慶の日2021-夏の陣-ONLINE」

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.