マルハンがダイバーシティ推進活動の成果報告会を実施

マルハンダイバーシティマルハンの「ダイバーシティ推進活動成果報告会」が3月20日、都内千代田区のTKPガーデンシティ竹橋で開催され、北海道から九州まで全国290名のスタッフと役職者が成果報告を行った。
 
同社では、人材の確保やモチベーション向上の一環として2014年から女性役職者を育成するためのダイバーシティ活動を実施しており、女性が活躍できる職場の環境作りや女性社員の定着率向上、ワークライフバランスの向上を図るための取り組みを推進している。報告会では、昨年結成された「働き方改革プログラムトライアルチーム」22チームによる8カ月間の活動報告に加えて、全国10営業部と間接部門による「ダイバーシティ推進チーム」11チームによる1年間の成果報告が行われた。
 
「働き方改革プログラムトライアルチーム」は、SNSを活用した情報共有や仕事と生活の調和を図るためのワークライフバランス支援、1人で複数の異なる作業や工程を行うことができる人材を育成する「多能工化」を推進した事例などを報告。「ダイバーシティ推進チーム」は、女性社員のスキル向上を図る勉強会の実施やマルハンが掲げている「2020年女性役職者比率5%」の実現に向けたキャリア面談、有休取得の推進など、これまでの活動や来期の目標を発表した。
 
報告会を総括した韓裕社長は、「みなさんの強い想いとリーダーシップによってダイバーシティや働き方改革が確実に前進していることを実感できた。マルハンに関わる全ての人たちが輝きながら働ける環境を作るために、今後もみなさんと一緒に考えていきたい」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲11

11月の採用意欲、例年よりも低い水準で推移

2018/12/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.