マルハンが全国9会場で「ダイバーシティフォーラム&働き方改革中間報告会」を開催

マルハン中間報告会マルハンは11月1日から30日にかけて、東京、大阪、名古屋など全国9会場で「ダイバーシティフォーラム&働き方改革中間報告会」を開催。店舗の代表者および店長以上の役職者796名が参加した。
 
全社浸透を目的として実施された「ダイバーシティフォーラム」は、今年で3回目の開催。今年は「ダイバーシティ&インクルージョンへ(多様性が受け入れられ、生かされ、シナジーが生まれる状態)」というテーマを設定して、「アンコンシャス・バイアス」「LGBT」「障がい者雇用」の基礎知識などについて理解を深めた。フォーラムを通じて参加者からは「アンコンシャス・バイアスを学び、無意識の偏見にはこんなにも個人差があると知った」「自分自身を振り返り、役職者として配慮不足であったことを認識した」「意識しすぎると何も話せなくなってしまうが、根底にある信頼関係が大切だと再認識した」といった意見が寄せられたという。マルハンでは「多様性を受け入れ、活かすことでシナジーが生まれる状態を目指したい」としている。
 
一方の「働き方改革中間報告会」では、店舗単位で設けた独自の「働き方」について、全国の78店舗がこれまでの取り組みを発表した。ここでは「仕事で生産性を高めてもプライベートが充実していなければシナジーは発揮できない。休みを希望通り取ることで全ての働き方に改革を起こす」(旭川西店)、「自ら考え行動できるようになり、サービスマナーの向上はもちろんのこと、人間としての成長も促している」(会津若松一箕店)、「当たり前のように行っている業務から、『やめてみようリスト』を作成。効率面を意識し、形骸化している業務や仕事の整理整頓を行った」(鹿児島新港店)など、各店舗で実施している、さまざまな試みが報告された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

警察庁外観

遊技場数が大幅減 業容縮小に拍車

2019/3/8

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年3月号

2019-3
主な記事:

ホールの人手不足を加速させる採用難と離職増のダブルショック

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年2月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.