マルハンのグループ会社が韓国で大規模再開発事業

マルハンでは、同社のグループ会社である株式会社世界韓商ドリームアイランドが7月25日、韓国・珍島において、韓国の海洋水産部と実施協約締結式を行い、海洋水産部が進める再開発事業の開発事業者となったことを明らかにした。

この協約締結によって、世界韓商ドリームアイランドでは、海洋水産部が10年間かけて造成した「仁川永宗島浚渫土投棄場」(仁川市と仁川国際空港を繋ぐ『永宗大橋』の南側の埋立地96万坪)の再開発事業者として、2021年までにホテル、コンベンションセンター、ゴルフ場、ウォーターパーク、水族館、ショッピングモール、マリーナ、ホステル、教育施設、自然公園などを建築および施設工事する計画だ。2014年から18年までの期間は、基盤施設造成工事に取り組むとしている。事業総額は7,715億ウォン。

マルハンでは「グループ会社である世界韓商ドリームアイランドは、当事業を通じて日本と韓国はもちろんのこと、多くの国の友好の絆がますます強くなるきっかけとなればと考えております」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:円 (本体:円)
発売日:

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.