マルハン傘下の新銀行「サタパナ銀行」が営業開始

㈱マルハン(韓裕代表取締役社長)の子会社として、カンボジアで金融事業を展開するマルハンジャパン銀行および大手マイクロファイナンス機関・サタパナ社は、かねてより統合準備を進めていた新銀行「サタパナ銀行」が3月28日付けでカンボジア中央銀行から正式に銀行免許を取得し、4月1日より新銀行として営業を開始したと発表した。
 
カンボジアでは初となる今回の金融機関の統合によって、同行はカンボジア全土に160の拠点を持つカンボジア第2位の商業銀行(2016年3月現在カンボジア内拠点展開ベース)となった。また銀行規模も総資産合計で約764百万ドル(約863億円)、融資残高で約559百万ドル(約632億円)、資本金で120百万ドル(約136億円)、従業員数で3380名に拡大。預金者は約14万人、金融および個人への融資は11万以上に上っている。
 
今回の統合についてマルハンでは「カンボジア最大の日系商業銀行として、カンボジア全土に有するネットワークを通じて、より多くのお客様に預金、融資、国内外送金など総合金融サービスを提供することができるようになった」とし、これまで以上にカンボジアにおける長期的な経済発展に寄与したいとのコメントを発表した。
 
なお、同行の本店は引き続きプノンペン中心部に置き、取締役会長に韓昌祐マルハン代表取締役会長が、CEOにはサタパナ社のCEOだったBun Mony氏がそれぞれ就任している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

ホール企業の9割超が増収果たせず 帝国データバンク調べ

2018/12/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.