マルハン傘下の銀行統合で覚書調印式

・

マルハンはこのほど、同社子会社であるマルハンジャパン銀行と、大手マイクロファイナンス機関のサタパナ社が1月27日、カンボジアのプノンペンにおいて、両社統合に関する覚書の調印を行ったと発表した。新銀行の名称は「サタパナ銀行」を予定しており、今後、カンボジア中央銀行や商務省などとの協議や指導の下、2015年中に正式な申請を行っていくという。
 
マルハンでは、今回の統合によって「サタパナ銀行」は、マルハンジャパン銀行1拠点とサタパナ社142拠点を合わせ、カンボジア全土に143の拠点をもつ同国第2位の商業銀行(カンボジア内展開拠点ベース)となるという。2015年1月時点で、総資産合計は527百万米ドル、従業員数2652名、22カ所のATM、約9万人以上の預金者をもち、約10万5000人以上に小口融資を提供している。マルハンジャパン銀行が持つ商業銀行としての商品・サービスと、サタパナ社が持つ全国ネットワーク、小口金融、預金、国内本支社送金などを提供する、総合金融サービスが展開できるようになるとしている。
 
覚書の調印は、マルハンジャパン銀行の取締役頭取である矢部芳一氏と、サタパナ社CEOのブン・モニー氏によって行われた。マルハンの韓昌祐代表取締役会長は「サタパナ銀行の誕生によって、カンボジアの長期的な経済発展に寄与できることを嬉しく思う。カンボジア中央銀行の指導の下、サタパナ銀行は地域に根差したカンボジア人のための銀行となることを確信している。統合に関わる全ての方々に支援をいただきながら、私たちは持続的な成長と発展を目指していく」と述べた。
 
マルハンジャパン銀行は2008年5月、カンボジア王国初の日系資本商業銀行として設立。現在は資本規模で5指に入る大手商業銀行として、個人・法人・マイクロファイナンスなど、幅広い取引先へ同国最先端の金融サービスを提供している。一方のサタパナ社は、カンボジアのマイクロファイナンス機関の草分けとして、全土の貧しい人々に資金調達の手段を提供する目的で1995年に設立。農業分野をはじめとする各分野への資金供給を通じ、経済発展と国民の生活水準の向上に貢献している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:円 (本体:円)
発売日:

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.