ミリオンインターナショナルが高円寺阿波踊りに協賛

ミリオン高円寺18東京、埼玉で店舗展開をするミリオンインターナショナルは、8月25日と26日に都内杉並区で開催された「高円寺阿波踊り」に協賛するとともに、運営ボランティアとして参加した。
 
高円寺阿波踊りは、踊り手が約1万人、来場者が2日間で延べ100万人にも達する夏の一大イベント。同社の協賛は平成21年に「ミリオン高円寺22号店」を出店したのを契機に、地域への貢献活動として始められたもので、今年で10回目を数える。
 
協賛内容は、毎回行っている駅前の大型看板の設置をはじめとして、来場者に配付するうちわとトートバックをともに1,000枚制作。さらに、運営スタッフが着用するロゴ入りTシャツ660枚を読売新聞社とJCOMと共同で制作した。店舗正面に地元の小学生が描いた阿波踊りメッセージポスターなどを貼り出し、PR活動も行った。
 
また、当日は社内で募った有志11名が運営ボランティアにも参加。猛暑の中、演舞場や沿道のゴミ回収をメインとする会場整理に加え、大会パンフレットの配布、演舞者への給水ポイントなどに汗を流した。
 
同社では、「来年は高円寺店がオープンして10周年の節目です。これからも継続的なお手伝いができるよう、地域の皆様とともに高円寺阿波踊りを支えていければと思っています」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技通信ロゴ01

高射幸性機の自主規制問題で混乱 全日遊連が情報管理の徹底を要請

2019/10/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年10月号

2019-10
主な記事:

入替対象は年末までにおよそ20万台、6号機市場移行への試金石に
確実視される売上の減少 旧規則パチスロ機の撤去本格化へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2019年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.