ユニファイドサッカー大会でアサヒディードがボランティア活動

アサヒディードボランティア201712大阪のホール企業・アサヒディードの社員4名が12月10日、堺市のサッカー・ナショナルトレーニングセンターで開催されたスペシャルオリンピックス日本「2017年第2回ユニファイドサッカー大会」にボランティアとして参加した。このサッカー大会は、障害の有無を越え、様々な経験を共有することにより、お互いの理解を深めることを目的としたスポーツイベントで、日本では昨年に続いて2回目の開催となる。

当日は、11人制のチームと7人制のチーム全20チームがサッカーの試合に参加し、健常者と障害者が同じチームになって試合を楽しんだ。ボランティア活動に参加したアサヒディードの社員は主に、受付けや「ヘルシーアスリート・プログラム」の誘導を手伝った。「ヘルシーアスリート・プログラム」は、アスリートやコーチが受講する眼の健康チェックや足の健康チェックの一つで、競技の合間に行われるたびにサポートした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

SIS2018発表会

ダイコク電機「DK-SIS白書2018」 業界総粗利は3兆円割れ

2018/7/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年7月号

2018-7
主な記事:

有識者、関係者間での異なるスタンス 業界の方向性にも影響
「関係者会議」盛り込み依存症対策法が衆院通過

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.