全国青年部が茨城で交流会、「共創」などをテーマに意見交換

img_3114web第9回目となる全国遊技業青年部交流会が10月26日、幹事県となる茨城県の水戸京成ホテルで開催され、25都府県遊協青年部会から約80人が参加した。

当日は、特定非営利活動法人のリカバリーサポート・ネットワークで代表理事を務める西村直之氏の基調講演が行われたほか、エンタテイメントビジネス総合研究所の藤田宏社長が進行役となってグループディスカッションが実施された。

そのうち、「競争から共創へ」を主題としたグループディスカッションでは、業界が抱える問題の認識共有や、今後取り組むべき活動について各グループごとに意見を交換。規則改正を踏まえ、コストや人材教育といった各ホール企業の経営基盤強化に加え、「社会の一員として地域との関係性強化を図る」「安心パチンコ・パチスロアドバイザー制度を広く告知する」などの考えが寄せられた。

また、「IR時代に向かうパチンコ・パチスロ依存問題」をテーマに登壇した西村氏は、業界が目指すべき依存対策を解説。パチンコが娯楽である以上、のめり込む人が一定数生じてくることを前提に、「昔のように遊技客を奪い合うというような経営ではなく、各店舗が長く安全に遊んでもらえるように顧客を育成することが重要。さらに、問題が起きてもそれを深刻化させない対策を講じることに加え、深刻化した場合は社会的責任として解決を支援していくことが大事になる」と呼びかけた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

SIS2018発表会

ダイコク電機「DK-SIS白書2018」 業界総粗利は3兆円割れ

2018/7/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年7月号

2018-7
主な記事:

有識者、関係者間での異なるスタンス 業界の方向性にも影響
「関係者会議」盛り込み依存症対策法が衆院通過

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.