同友会の拡大理事会でA-gonが「手打ち」をプレゼン

p1 のコピー

その後に設けられた実機の試打会では、同友会会員のホール企業幹部らが熱心に試打する姿がみられた

パチンコメーカーのA-gon(金子亮太社長)は10月21日、同日都内で開かれた同友会の拡大理事会で、このほど正式発表した同社の手打ち式パチンコ第1弾『CRA-gon昭和物語』をプレゼンテーションした。

プレゼンテーションでは、「手打ち式パチンコを約40年ぶりに世に復活させることで、真の原点回帰に挑戦する」という、同社の事業コンセプトについて説明。

かつて手打ちパチンコに熱中したスリーピング層の掘り起こし、電動ハンドルにはない手打ちの自力感や技術介入性による新規ファン層の獲得などで、4円パチンコを活性化する必要性を訴えた。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

AQUA 外観2(アーケード下)

都内月島のパチンコ店「AQUA」が海外建築賞受賞

2018/11/13

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年11月号

2018-11
主な記事:

必要となる高射幸性機の取捨選択、画一化がさらに進行か
高射幸性機の15%期限迫るなか6号機の市場導入がスタート

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年10月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.