善都が地元防犯団体に街頭カメラ18基を寄贈

記念撮影愛知県のホール大手㈱善都は、このほど、地域貢献活動の一環として、西枇杷島防犯協会連合会(清須市)・稲沢防犯協会連合会(稲沢市)の両防犯団体に街頭防犯カメラ18基を寄贈。これに伴い8月1には、清洲城内黒木書院において、街頭防犯カメラ寄贈式及びジョグパト出発式を行った。

寄贈式には同社の都筑善雄代表取締役社長はじめ、西枇杷島警察署の本田俊彦署長、西枇杷島防犯協会連合会の浅野肇会長、稲沢警察署長の高松啓輔署長、稲沢防犯協会連合会の大野紀明会長が出席。2連合会へ目録を手渡した。

式典であいさつを行った善都の都筑社長は「今回の官民一体となった新たな住民参加型の防犯活動の取り組みの一端を担うことを大変名誉に感じています。両市にお住まいの皆様が今まで以上に安心して暮らせる環境が構築されますことと確信いたします」と述べた。

終了後の「ジョグパト出発式」では携帯用青色LEDライトを交付された参加者が、清洲城付近をジョギングパトロール。約1時間にわたって汗を流した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.