善都が豊田市と大規模災害時発生時の避難者受入れ協定を締結

善都の竹田昌仁専務取締役(右)愛知県を中心に店舗展開している善都は3月3日、地域貢献活動の取り組みとして、愛知県豊田市とのあいだで「災害時における避難者等の受入れに関する協定」を締結した。今後、大規模災害が発生した際には、避難者の受入れなど同社が全面的に支援を行う。
 
今回の協定書の締結で善都が行う支援協力は、①一時避難場所としての施設及び敷地の提供(豊田本店、小坂店、梅坪店、吉原店、大清水店) ②食料、飲料水、生活物資等の提供 ③自動体外式除細動器(AED)の提供及び救命活動の協力、の3点。施設及び敷地提供の5店舗にはライフライン・ベンダー「エネレンジャー」を導入し、非常時に自家発電、食料などを提供する。
 
豊田市役所で行われた締結式には、善都から竹田昌仁専務取締役が、豊田市から社会部の藤村信治部長が出席。竹田専務は「地域社会の一員としての責務を果たすべく、地域の方々の要望や気持ちをおもんばかり、豊田市と進める地域貢献活動の関係づくりをさせて頂きたい」などと挨拶を述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

新型肺炎感染拡大で業界内イベント延期・中止相次ぐ、新台納品に影響も

2020/2/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年3月号

主な記事:

解釈が揺れる「等」の文字が追加された意味合い
迷走する「ATM等の撤去等」問題 立場の違いによる対立の構図浮き彫りに

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年2月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.