大和川の清掃活動にアサヒディードの社員と家族が参加

23月6日に行われた「大和川再生協議会」主催の「大和川クリーンアップ大作戦」に、アサヒディードの社員とその家族ら13名が参加した。
 
この清掃活動は一級河川ながら水質の悪い大和川に、再びきれいな水と魚を呼び戻すことを目的にした取り組み。再生協議会が、アサヒディードの板倉行央代表取締役社長が副会長を務める「一般財団法人 大阪福祉防犯協会」の基金寄贈先ということで、数年前から同社の関係者が積極的に参加している。
 
気温20℃の好天に恵まれた当日、参加者は早朝から大和川の河川敷に集合し、軍手をはめゴミ袋を手に約1時間半にわたって清掃活動に汗を流した。川岸にはお菓子の袋やペットボトル、空き缶、プラスチックケースなど例年以上に散乱していたが、参加者が大量のゴミを集めそれをトラックが回収。大和川は見違えるほど綺麗になった。
 
同社では「『きれいな水と魚を呼び戻したい』という大和川再生協議会の想いは、当社の環境方針と一致する。これからも共に協力して大和川の水質向上を目指していきたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.