太陽財団が19の事業・団体へ1207万円の助成を決定

太陽グループの東原俊郎社長が代表を務める公益財団法人・太陽財団はこの程、平成28年度の助成対象事業を決定し、北海道で地域活動を行う19の事業・団体へ総額1,207万5,000円を寄付すると発表した。同財団による寄付活動は今年で16年目。平成13年からの累計件数は282件、助成総額は1億9,700万円に上る。
 
太陽財団によるこの取り組みは、活力のある北海道の地域社会形成に資することを目的に、各地で行われている芸術、伝統文化、観光、教育、スポーツなど広範多岐にわたる事業に対して財政的援助を行うもの。対象事業の選定には、毎回、同財団の選定委員会が各事業団体の地域性や活動分野を考慮した上で決定している。今回は昨年9月28日から応募を開始し、11月までに100件の応募が寄せられた。そのなかから外部有識者を主体とする選定委員会が今回のテーマである「北の大地は人も夢もでっかく育つ」に沿った活動と照らし合わせながら厳正に審査し、12月の理事会で正式に決定した。
 
贈呈式および交流会は2月中旬以降、札幌市内のホテルで行われる予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年11月号

主な記事:

半導体に続き樹脂や金属類も不足、周辺機器市場へも影響与える
深刻化する部材不足による新台の停滞 試練続く経過措置期間の遊技機環境

「レジャー白書2021」発表 コロナ禍の余暇市場まとめる
新型コロナ禍が拍車掛け市場規模も大幅縮小 求められる「ファン人口」より「参加人口」拡大の施策

ホール企業と組合が各地で職域接種

遊技通信創刊70周年記念対談 ⑪ 日工組理事長 榎本善紀氏

話題の新サービス ダイコク電機「スマート入場システム」

短期集中連載「DK-SIS白書2021年版-2020年データ-」の活用術 ①「業界動向10大キーワード」

幕張メッセで「東京ゲームショウ2021」開催

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.