太陽財団18事業者へ1100万円を助成

北海道の大手ホール企業である太陽グループの関連公益財団法人・太陽財団(東原俊郎社長)はこのほど平成27年度の助成対象事業として、18事業者に対して総額1,099万7,000円の助成を行うと発表した。
 
道内から103件の応募があったという平成27年度の助成対象事業は、「創ろう!これからの北海道」をスローガンに、地域の伝統を継承する事業、新たなスポーツの普及・定着を目指す事業、障がい者・高齢者福祉の充実向上を目指す事業等、北海道の各地域で取り組まれている観光・産業、社会福祉、教育・スポーツ、芸術、伝統・文化など広範多岐にわたる事業が選定された。
 
平成13年に太陽グループが中心となって設立された同財団は、北海道における資源保全活動や文化・スポーツの振興など、地域社会形成に取り組む団体やその事業者を対象に助成活動を展開。15回目となる今回で累計助成総件数は264件、助成総額は1億8579万8935円に上っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

旧規則パチンコ・パチスロ機の経過措置を変更した改正法が施行

2020/5/20

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年6月号

主な記事:

新型コロナ禍で各地のホールに休業要請 開店ホールも多く混乱
要請無視のホールにマスコミが殺到 業界へのバッシングが加熱

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.