山水が東久留米で「スポーツGOMI拾い」を開催

%e3%82%b9%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%83%84%e3%82%b3%e3%82%99%e3%83%9f%e6%8b%be%e3%81%84in%e6%9d%b1%e4%b9%85%e7%95%99%e7%b1%b3都内のホール経営企業、山水が主催する「第4回スポGOMI大会in東久留米」が11月18日、東久留米市役所周辺で行われた。「スポーツGOMI拾い」は、ゴミ拾いをそれまでの奉仕活動から変換させ、「環境にもっともやさしいスポーツ」として2008年に誕生。山水は店舗のある東村山と東久留米で行われる大会の実行委員を務めており、今回の東久留米大会には8チーム、52名が参加した。

開会式で山水の平澤秀哲社長は、「今日は午後から雨の予報となっていますが、大勢の方々に集まっていただきました。小さいお子様も参加しているので、事故などには十分に気をつけて頑張ってください」と挨拶。開会式には東久留米市の並木克巳市長も駆けつけ、「楽しみのなかに奉仕の気持ちを込めて街をきれいにする、という皆様の想いに感謝申し上げます」と述べ、参加者を激励した。

当日は雨の予報が出ていたことから競技時間をいつもの60分から45分間に短縮して行われ、エリア内で合計34.04キロのゴミを回収。チームごとにゴミの質や量をポイント化した結果、山水のスタッフとパチンコ大学の常連客で結成した「パチ大」チームが優勝し、表彰状とトロフィーのほか副賞として地元東久留米の篠宮農園で収穫された「新鮮野菜セット」が贈られた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

SIS2018発表会

ダイコク電機「DK-SIS白書2018」 業界総粗利は3兆円割れ

2018/7/6

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年7月号

2018-7
主な記事:

有識者、関係者間での異なるスタンス 業界の方向性にも影響
「関係者会議」盛り込み依存症対策法が衆院通過

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年6月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.