山水が東村山市で7回目となる「スポーツGOMI拾い大会」

IMG_0●4「パチンコ大学」の屋号で東京・埼玉に4店舗経営する山水が主催する「第7回スポーツGOMI拾い東村山大会」が11月22日、東京都東村山市の西武新宿線・久米川駅周辺で行われた。
 
日本スポーツGOMI拾い連盟が監修する「スポーツGOMI拾い」は、企業・団体が取り組む従来型のごみ拾いに、スポーツの要素を加えることで、これまでの社会奉仕活動を競技へと変換させた新しいスポーツ競技。現在、全国各地にその活動の幅を拡げている。東村山市で行われる大会は2012年10月の第1回以来、山水が主催・実行委員として運営を行っており、今年6月には隣接する東久留米市でも初めて大会を実施している。
 
7回目となる東村山大会は、地元商店関係者や学生、少年野球チームの子ども達ら計13チーム66名が参加。山水の平澤秀哲社長や東村山市の渡部尚市長の挨拶の後、参加者は1時間という限られた競技時間の間、駅周辺のごみ拾いに汗を流した。
 
その後、ごみの量と質でポイントを換算した結果、久米川駅前で営業するパチンコ店「オゼックナイル」のスタッフによるチーム「OZEC」が優勝。なお、この日は参加者全員で118.33キログラムのゴミを集めた。
 
山水の福地光専務は、「『東村山から全国をきれいに』ということと『ごみを拾う人は捨てない』という2つをコンセプトに活動を続けてきたが、これからも町をきれいにするという意気込みをもって大会を継続していきたい」などと語った。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日遊連、九州地方の記録的豪雨でメーカー団体に配慮の要請

2020/7/7

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年7月号

主な記事:

附則改正で経過措置期間が延長 異例づくめのコロナ対応
長期化する休業要請で揺れた都遊協の苦悩と決断
上場メーカーの決算出揃うも業績見通し示せず
感染防止対策の徹底を要請、実効性は店舗間で温度差も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年6月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.