接客技術を競う「ホスピタリティコンテスト」を開催

ガイアホスピタリティ20181(1)ホール経営大手のガイアグループは11月20日、都内の浅草橋ヒューリックホールで、「第13回ホスピタリティコンテスト」の最終選考会を開催した。
 
コンテストは、店舗予選・エリア予選・営業予選を経て選抜された社員12名、アルバイト12名が出場。アルバイト部門は「無限大∞の信頼を得るために、ガイアでやり抜いたこと、ガイアでやりぬきたいこと」、社員部門は「信頼の先にあるもの、無限大∞の楽しさをアピールできる店舗とは」についてのスピーチと接客ロールプレイングを行い、仕事に対する情熱や接客技術を競った。ロールプレイングではクレーム応対をはじめ、来店客役の演者が繰り出す難題への応対力も評価の対象となった。
 
審査の結果、社員部門最優秀賞はPAO千里店の森大地社員、アルバイト部門最優秀賞はガイア高野台店の丸山純実さんが受賞し、賞金10万円と5万円分の旅行券が家族の人数分贈られた。また、年間を通じてサービスレベル(独自調査)トップの店長に送られるCS監査年間最優秀賞に勝又史博店長(ガイア割山店)が、同じく年間を通じて管理レベルトップの店長に贈られる内部監査年間優秀賞に髙田健司店長(サイバーパチンコ防府店)が選ばれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

全日11月理事会全景

全日遊連 高射幸性機の設置比率に関する自主規制を一部変更

2018/11/15

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.