新和ホールディングスが札幌医大附属病院に医療用機器など寄贈

親和贈呈式2018北海道の遊技場経営大手、新和ホールディングスは3月19日、毎年恒例となった札幌医科大学附属病院への医療用機器などの寄贈を行った。同社では、2011年に教育や医療に役立ててもらおうと札幌医科大学に1,000万円の寄付をしたことを契機に、毎年車イスや歩行補助器、AEDなどの医療・福祉機器の寄贈を続けており、今回は8回目の寄贈。
 
今回、寄贈したのは、酸素マスクやモニター心電図などを装備し、緊急時に迅速な処置が可能な医療機器「エマージェンシーカート」と、汚染表面を消毒液などで清拭消毒することで感染のリスクから患者や医療従事者を守る「感染予防パーテーション」。さらに、外来案内用のデスクとイス、病棟を巡回できるキャスター付きのブックワゴンも寄贈した。
 
贈呈式では、多数の報道関係者が訪れるなか、新井修代表が寄贈にあたっての挨拶を行い、札幌医科大学の塚本泰司理事長に目録を贈呈。塚本理事長からは謝辞とともに感謝状が贈られた。
 
同社では、グループで展開する一連の社会貢献活動を「ハッピーアクション」と名付け、地域イベントへの積極的な協賛や同社ゆかりの地である当別町への支援を展開。札幌医科大学附属病院への協力では、医療・福祉機器の寄贈のほか、病院ロビーを会場にした札幌交響楽団によるコンサートを毎年主催しており、入院患者や病院関係者、さらには地域住民にとっての恒例イベントとして喜ばれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

遊技場数の減少に拍車 警察庁保安課まとめ

2021/5/14

月間遊技通信最新号

遊技通信2021年6月号

主な記事:

新規則機への移行に向けた「最後の猶予措置」
旧規則機取扱いの21世紀会決議を改定 厳しい市場環境受け設置期限を延長

「遊技通信」1500号記念 通刊第15号(昭和27年2月25日号)再録

日本有数のビジネス街と観光地「新橋」「銀座・有楽町」「浅草」の変遷

遊技通信創刊70周年記念対談 ・
オーイズミ 大泉政治代表取締役会長

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2021年5月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.