旧フェスティバルゲート跡地に1,400台の「マルハン新世界店」がオープンへ

マルハンは12月25日、大阪市浪速区の旧「フェスティバルゲート」跡地に遊技機台数1,400台の「マルハン新世界店」を出店し、12月30日にオープンすると発表した。
 
パチンコ917台、パチスロ483台の計1,400台は、同社チェーン店のなかで最大級の規模を誇る。1階が「マルハン新世界店」、2階に量販店が併設し、897台収容の立体駐車場を完備。遊技料金はパチンコが4円、1円で、パチスロが20円、5円となる。
 
マルハンでは2013年7月、「マルハン大阪? 韓流PROJECT」として、旧フェスティバルゲート跡地に韓国スーパーマーケットや飲食店、物販店、多目的ホールなどを集めた韓流テーマパークを開業する計画を発表した。しかし、14年5月に「日韓関係の冷え込みによる韓流ブームの低迷を受けて、安定的な施設運営が難しいと判断した」と、日韓関係の悪化を理由に計画の見直しを発表。その間、同社がパチンコ事業を含む新たな計画を大阪市に示すなどしていた。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年12月号

主な記事:

提供価格拡大で高価交換、「二物二価」営業も出現
大遊協商事が価格や手数料など賞品提供関連で大幅な見直し

市場環境の悪化に加速感 課題は遊技客離脱の歯止め
「凱旋」撤去で増す混迷 新台枯渇も高まらない需要

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年11月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.