正栄プロジェクトの都内進出第一号店が浅草六区に12月中旬オープン

浅草楽天地ビル北海道を中心に店舗展開する正栄プロジェクトは、都内浅草で建設中の「東京楽天地浅草ビル」に、都内進出第一号店となる新規店を出店する計画を明らかにした。
 
6月25日に開催された「東京楽天地浅草再開発プロジェクト」の記者会見で発表されたもので、当日はテナント出店を予定している企業をはじめ、同社の美山正広社長が、店舗の概要やデザインコンセプトなどを説明した。
 
東京楽天地浅草ビルは地上13階、地下2階からなる複合施設。正栄プロジェクトの店舗は、この地下1階部分に総台数830台で出店する予定で、外国人観光客が多い土地柄を考慮した「ジャパニーズモダン」というコンセプトを掲げ、祭りや花火、着物、桜など和のイメージを随所に盛り込むという。
 
会見で美山社長は、同店の成功に加えて、日本独自の娯楽であるパチンコを外国人にアピールすることや地域住民に親しまれる憩いの場となることを課題に挙げ、「3つの課題をクリアして結果を出すことで施設が活気づき、さらに他のテナントと協力して地域の活性化にも貢献したい」と語った。 ホールのオープンは、ビルの開業と同時期の12月中旬を予定。施設内には、同店のほかにホテルや日本各地の魅力が体験できる商業施設「まるごとにっぽん」が出店する予定となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲11

11月の採用意欲、例年よりも低い水準で推移

2018/12/12

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年12月号

2018-12
主な記事:

高射幸性機設置比率の自主規制の見直しはつかの間の猶予
業況の底打ち感は幻想か 大手と中小の格差拡大に拍車の懸念

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年11月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.