CIMG1389玉川物産グループが石川県野々市市で経営する「ミリオンののいちWest店」は12月7日、A-gon社の手打ち式パチンコ「CRA-gon昭和物語」を4円パチンココーナーに16台導入した。同店はもともと、北陸エリアで遊べるパチンコ専門店として知られており、今回、約40年ぶりとなる新機種として発表された手打ち式パチンコをラインナップに加えることで、より遊びやすい環境を整えた格好だ。

同グループの玉川昌範代表は、「業界全体に、遊べる環境への変化が強く求められるなか、率先して取り組みたいという考えが強くあった。業界活性化の起爆剤になると期待している」としている。

なお同店では、導入初日は無定量、2日目以降は、2,000発打ち止めの定量制での運用を予定しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:円 (本体:円)
発売日:

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.