空間デザインコンテストで「パンドラ錦糸町北口店」が入選

NRC_%%%%2昨年12月、都内墨田区にグランドオープンした「パンドラ錦糸町北口店」(アメニティーズ経営)がこの程、一般社団法人 日本商環境デザイン協会(JCD)主催の「JCD Design Award 2016」において、サービス・エンターテイメント空間の部で入選を果たした。
 
「パンドラ錦糸町」を設計したのはNRC一級建築士事務所の鶴田一氏。ホール企業のコーポレートイメージであるサークルを重ねあわせたシンプルで凛としたファサードが、ある種日本的な雰囲気を演出していると評価されたほか、ガラス内にLEDチップを埋め込み、映像を映し出す特殊な技術を利用するLEDビジョンなどが高い評価を受けた。
 
JCDは、商環境デザインの専門的職能を確立し、都市社会のコミュニケーションのあり様と商業活動に関わる環境の質的向上を目的に1961年に創立された組織で、その活動の一つである「JCD Design Award」は、商環境を中心とする空間デザインの顕彰を目的として1974年から実施されている。特に空間デザイン領域における「コミュニケーションデザイン」という概念のもと、これからの空間デザインを予見させる作品などに贈られ、近年は世界からも主要作品が多く集まり、国際的に認知されている。
 
今回の入選に対して、鶴田氏は「今後は国内他業界、また世界でもパチンコやパチンコ店が注目を浴びるようになっていけばいいと考えています」とコメントしている。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.