郡山市のホール企業「ニラク」が新規株式公開(IPO)開始、来月上旬にも香港で上場

http-:www.ngch.co.jp:en:.jpg福島県郡山市のホール企業、ニラクを傘下にもつ持株会社「株式会社二ラク・ジー・シー・ホールディングス」(谷口久德CEO)が来月上旬の香港取引所のメーンボードへの上場へ向けて、3月24日から新規株式公開(IPO)を実施する。香港の経済ビジネス情報「NNA.ASIA」が伝えた。
 
香港でのパチンコ運営企業の上場はダイナムジャパンホールディングスに次いで2社目となる。
 
報道によると、上場予定日は4月8日。調達額は2億8100万HKドル(約43億4800万円)を見込んでいるという。IPOの締め切りは3月27日。グローバル市場で3億株を発行し、うち90%は国際割り当てで、残り10%は香港で公開する。公募価格は1株当たり1.10〜1.28HKドル。
 
3月23日に香港で行われた記者会見で、ニラクの谷口久徳社長は上場先に香港を選んだ理由について「香港は国際金融市場であり、ゲーミングに理解のある投資家が多いため」と説明。IPOによる調達資金の内、90%を新店の出店資金に、8%をIT投資に、2%を運転資金などに充てるとした。また海外への出店計画は現時点ではないと話している。
 
ニラクは1950年創業。2015年3月15日時点で、福島県を中心にパチンコホール55店を運営している。
 
株式会社二ラク・ジー・シー・ホールディングス   http://www.ngch.co.jp/en/
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【日遊協令和2年度総会における警察庁保安課長講話】

2020/6/19

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年7月号

主な記事:

附則改正で経過措置期間が延長 異例づくめのコロナ対応
長期化する休業要請で揺れた都遊協の苦悩と決断
上場メーカーの決算出揃うも業績見通し示せず
感染防止対策の徹底を要請、実効性は店舗間で温度差も

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年6月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.