郡山市のホール企業「ニラク」が新規株式公開(IPO)開始、来月上旬にも香港で上場

http-:www.ngch.co.jp:en:.jpg福島県郡山市のホール企業、ニラクを傘下にもつ持株会社「株式会社二ラク・ジー・シー・ホールディングス」(谷口久德CEO)が来月上旬の香港取引所のメーンボードへの上場へ向けて、3月24日から新規株式公開(IPO)を実施する。香港の経済ビジネス情報「NNA.ASIA」が伝えた。
 
香港でのパチンコ運営企業の上場はダイナムジャパンホールディングスに次いで2社目となる。
 
報道によると、上場予定日は4月8日。調達額は2億8100万HKドル(約43億4800万円)を見込んでいるという。IPOの締め切りは3月27日。グローバル市場で3億株を発行し、うち90%は国際割り当てで、残り10%は香港で公開する。公募価格は1株当たり1.10〜1.28HKドル。
 
3月23日に香港で行われた記者会見で、ニラクの谷口久徳社長は上場先に香港を選んだ理由について「香港は国際金融市場であり、ゲーミングに理解のある投資家が多いため」と説明。IPOによる調達資金の内、90%を新店の出店資金に、8%をIT投資に、2%を運転資金などに充てるとした。また海外への出店計画は現時点ではないと話している。
 
ニラクは1950年創業。2015年3月15日時点で、福島県を中心にパチンコホール55店を運営している。
 
株式会社二ラク・ジー・シー・ホールディングス   http://www.ngch.co.jp/en/
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:円 (本体:円)
発売日:

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.