キスケが地域住民を対象に「喜助の夜市」を開催

愛媛県のホール企業・キスケは、7月31日から8月2日にかけて地域住民を対象としたイベント「喜助の夜市」を開催し、レーザーマッピングを使用したプロジェクションマッピング花火などで来場者を楽しませた。
 
「喜助の夜市」は地域貢献活動の一環として同社が毎年行っている夏の催しで、新型コロナウイルスの影響で地元の祭事や花火大会など夏の風物詩と呼ばれるイベントが次々と中止となるなか、当日はプロジェクションマッピング花火のほかに、縁日を模した屋台などの出店で家族連れや浴衣を着た子どもたちで賑わいをみせた。同社広報では「地域の方の思い出や夏を味わうイベントを提供したいとの思いから開催を企画した。イベントを通じて地域の皆さんへ『楽しい』を提供でき、沢山の笑顔を見ることができましたので今後も続けていきたい」としている。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

機構検査に備え「検定通知書」「認定通知書」の写しの常備を求める

2020/9/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年10月号

主な記事:

緊急事態宣言解除後、回復傾向だった稼動も頭打ちか
第2波が直撃 厳しさ目立った盆商戦

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年9月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.