キスケが「カジュアル・エブリディ」制度を導入

愛媛県のホール企業・キスケは、11月1日から社員の軽装を認める「カジュアル・エブリディ」制度を導入すると発表した。同社では例年5月から10月までの期間、ノーネクタイを認めるクールビズを実施してきたが、11月以降も従業員の働きやすさを追求するために年間を通じて全社的に軽装化を認めることにした。
 
同社広報室によると、今年の6月からキスケ PAOグループの制服を従業員が自分で選択できるようにしたことで業務のモチベーションが向上。今回の制度導入について「社員一人ひとりが働きやすい環境を作り、効率を上げるための制度として運用することで、従業員満足度の高い会社を目指したい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  •            
  • コラム
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

【余暇進理事会における警察庁保安課課長補佐講話】

2020/11/11

月間遊技通信最新号

遊技通信2020年11月号

主な記事:

インターネット投票で伸張する公営競技のV字回復顕著に
新型コロナ禍が拍車を掛ける「パチンコひとり負け」の構図

仕様の周知や運用など様々な課題も浮き彫りに
遊タイム各仕様で出揃う 市場への普及急速拡大へ

詳細を見る

税込価格:2,200円 (本体:2,000円)
発売日:2020年10月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る
© yugitsushin Co., Ltd All rights reserved.