D’ステーション2店舗が防災備蓄物資提供の協定を締結

d%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e9%98%b2%e7%81%bd%e5%82%99%e8%93%84群馬県のホール大手・NEXUSは、経営する「D’ステーション佐倉店」と千葉県佐倉市が、「D’ステーション座間店」と神奈川県座間市が、それぞれ災害時における防災備蓄物資提供に関する協定を締結したと発表した。

同社の社会貢献活動の一環として締結されたこの協定は、大規模な災害が発生した際に、D’ステーションの2店舗店がそれぞれ飲料水や食料、毛布といった備蓄品を近隣の避難住民に提供することを取り決めたもの。7月3日に佐倉市と、同4日に座間市とそれぞれ調印式が行われ、佐倉市の蕨和雄市長、座間市の遠藤三紀夫市長が同社との協定書にサインを交わした。

両日の調印式に出席したNEXUSの阿施浩行専務は「今回の協定締結をきっかけに防災活動や地域イベントにも協力し、D’ステーションが住民の皆さまのお役に立てるように努力していきたい」と挨拶を述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.