NEXUSが救助ヘリでの災害訓練に参加 本社から熊谷店、館林店に救援物資を輸送

パチンコホール「D’ステーション」を展開するNEXUSは10月30日、日本赤十字社群馬県支部が主催した災害訓練に、赤十字飛行隊群馬支隊とともに参加した。

同社は2012年1月、日本赤十字社群馬県支部との間で、災害時に本社と店舗の駐車場を救助ヘリコプターの離着陸場として赤十字飛行隊群馬支隊に提供する協定を締結。この協定に基づき、店舗が所在する街が大規模災害によって孤立した想定のもと、赤十字飛行隊が操縦する救助ヘリが本社駐車場から救援物資を積み込んで店舗へ輸送するという訓練を各店舗で実施してきた。

今回の訓練では、群馬県南部での竜巻の発生を想定。救援物資を積んだ救助ヘリ3機が、高崎市の本社駐車場から埼玉県熊谷市の「スーパーD’ステーション熊谷店」に向かい、ヘリに同乗した同社・赤尾勝営業部次長が同店・砂川義樹店長に物資を渡した。ヘリは群馬県館林市の「D’ステーション館林店」にも物資を届けた後、本社駐車場に帰還。その後、地元の幼稚園児125名を招待し、ヘリコプターに触れたり乗車する機会を提供するなどした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

パチスロサミット写真

パチスロ6号機の大規模お披露目イベント、9月28日に秋葉原で開催へ

2019/9/3

月間遊技通信最新号

遊技通信2019年9月号

2019-9
主な記事:

新規則機の性能問題ともリンクし見通し利かない端境期の業界環境
貯玉・再プレーの不要論も出はじめた消費税率引き上げ後の「適正営業」の模索

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2019年8月25日

  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.