TRY&TRUSTが「マリオンガーデン岐阜本店」の内覧会

%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%b3%e5%86%85%e8%a6%a7%e4%bc%9a2愛知県を中心に、岐阜、三重、東京で店舗展開するTRY&TRUSTは、岐阜県本巣市の「マリオン真正店」を新たに「マリオンガーデン岐阜本店」としてリニューアルし、4月27日に内覧会を開催した。当日は、リニューアルに携わった供給企業の関係者をはじめ、金融機関やマスコミ関係者など233名が参加した。

内覧会に先立って挨拶した山田孝志社長は、「我々のグループのなかで『マリオンガーデン』という店舗は、ひとつ上のブランドという意味合いがある。今回はそれに加えて岐阜本店ということで、新たな旗艦店舗となるための大きな決意を込めた。ご協力いただいた各方面の方々に感謝を申し上げるとともに、この御恩に報いるためにも私たちはお客様と真剣に向き合い、懸命な努力を継続して結果を出していきたい」と述べた。

「マリオンガーデン岐阜本店」は、2003年7月にオープンした店舗を3カ月間休業して改装。既存のスペースを活かしながら営業面積を増床したことで、台数は731台からパチンコ706台、パチスロ515台の計1221台に増台。貸玉料金はパチンコ4円、パチスロ20円のみで、パチンコ、パチスロ全台に各台計数システムを採用した。店内は、喫煙と禁煙とで分けたレストスペースや5000冊を揃えるマンガコーナーのほか、人気チェーン店とコラボレーションしたラーメン店などの食事スペース、さらにはコンビニエンスストアや女性専用の特別ルーム、パウダールームを完備するなど、快適性を追求している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POST関連する記事

NEWSニュース

  • 業界団体
  • メーカー
  • ホール
  • 関連企業
  • 新機種
  • 行政
  • 事件
  • イベント
  • セミナー
  • インフォメーション
  • 就職・転職
  • クリエイター向け情報
  • その他

PICKUP CONTENTSピックアップ

PX2018採用意欲09

9月の採用意欲、平均値を下回って今年一番の冷え込みを記録

2018/10/10

月間遊技通信最新号

遊技通信2018年10月号

2018-10
主な記事:

様子見状態のホールも多く新規則機浸透の本格化は年明け以降か
設定付きパチンコの導入が開始 オペレーションの手探り続く

詳細を見る

税込価格:2,160円 (本体:2,000円)
発売日:2018年9月25日

  • 遊技通信 Facebook公式サイト
  • 遊技通信 公式サイト
ページ上部へ戻る

Copyright c パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web All rights reserved.